加圧トレーニングはリハビリに良いとされている理由

加圧トレーニングはリハビリに良いとされている理由

 

事故に遭ってしまい入院を余儀なくされる運命も、生きている限りリスクは0であるとは言い切れません。

 

 

仮にも交通事故などで脚を骨折するなどの大けがを負ってしまった場合、入院をして動けない間と言うのは筋肉は使われませんので、どんどん筋力や体力は衰えて行きます。

 

 

こればかりはどれだけ身体を動かすのが好きな人で既に筋肉量が多い方でも避けては通れない道です。

 

 

1週間歩かない状態が続いた場合、脚の筋肉は一気に衰えてまるでマッチ棒のような細い脚になってしまうのは間違いないでしょう。こうなると退院後に普通に歩くだけでもかなりきついですので、入院中に状態が安定し始めたらリハビリを行っていくのが一般的です。

 

 

そして、過酷なリハビリ生活の中でも当サイトでおすすめしている加圧トレーニングは、短期間で効果を出すのに有効であると言えるでしょう。

 

 

まず何より低負荷でも高重量のウエイトを利用したトレーニング水準で身体を鍛えられる点、そして低重量ですので筋肉や関節に無理な負担を加える事無くピンポイントで脚を鍛えられると言う点になります。

 

 

特に怪我をしていると、該当部位の筋肉も激しく損傷をしている可能性が懸念されます。そんな状態でレッグエクステンションのような筋トレをしても、効果は薄いと言えるでしょう。

 

 

筋肉に慣れさせる重量での筋トレは痛みを伴いますし、かと言って重量を落とし過ぎても筋肉のリハビリ効果は感じられなくなってしまいます。

 

 

加圧をして血液の流れにバリケードを張って上げると、同じ軽い負荷でも速筋と呼ばれる強い筋肉を鍛えられますので、事故で筋肉を動かすのが辛くて苦しい時にも一般のトレーニングを行った時と同様な効果が期待出来るのが加圧トレーニングなのです。

 

 

筋肉は丸1日動かさないだけでもかなり衰えてしまう細胞です。そのため、基本的には動ける状態であれば1日も休まずにリハビリをして行く事になるのですが、ただ辛いだけのリハビリは肉体面だけでなく精神的にも大きな負担をもたらしてしまいます。

 

 

であるならば、少しでも筋肉や関節に無理のない加圧トレーニングであれば、楽しくより回復と言うゴールに向かってひたむきに走り続けられるようになるのです。

 

 

こういった事からも、最近では病院などでもリハビリとして加圧トレーニングを取りいれているクリニックも増えてきているのです。